週末女子登山

週末は主に山で過ごしたい

【南アルプス】栗沢山 宇多田ヒカルになりたい気持ちが大切

f:id:shirokuma0130:20180612193122p:image

2017年7月1日(土) 宇多田ヒカルになるべく栗沢山へ登ってきました 。 なんでこんな雨の中登ったのだろうかと今でも思います。

 

 

栗沢山について

 

コースタイム

f:id:shirokuma0130:20180613194953j:image

灰色:予定コース、水色:登り、赤色:下りです。

 

コースタイム

夜叉神峠(5:47)=バス=広河原(6:25)=バス=北沢峠(7:40)ー仙水小屋(8:13)ー仙水峠(8:44)ー栗沢山山頂(10:13)ー北沢長衛小屋(12:05)

 

予報は雨 心は宇多田ヒカル

週末に山に行こう!と思い立って4人で行くことにしました。これが今年初登山なメンバーが多かったため、「キツくない山がいいよね」とのことで選ばれたのは南アルプス 栗沢山でした。何よりの理由はサントリー南アルプスの天然水のCMで宇多田ヒカルが登っているから、です。

 


サントリー天然水『水の山行ってきた 南アルプス』篇 60秒 サントリー CM

 

f:id:shirokuma0130:20180611194749j:image

このゆるゆるのテンションが大雨でも決行する優柔不断の原因な気がします…

 

金曜夜発で夜叉神峠へ

会社員なので悲しく仕事終わりに集合です。マイカーで集合場所まで終電の皆を迎えに行きました。

 

f:id:shirokuma0130:20180611202153j:image

途中コンビニに寄って買いましたよ南アルプスの天然水! このときは山頂の道標と共に撮るの決めていました。

 

夜叉神峠からはマイカー規制

イカー規制区間のため車は夜叉神峠に置いてバスに乗ります。終電集合でしたが早く着いたため、2時間くらい仮眠。

 

起きたら大雨でした。見てわかる、窓の水の流れ具合。「どうする?」「決めていいよ」「どうしたい?」の優柔不断な決定をしない人々で話し合いをした結果、「佐藤、どうする?」と聞かれ「登りましょう!」と答えたのを覚えています。夜通し運転した寝足りない私の頭の中ではひたすらJavaを書いていて、そんな人に判断させちゃいけないと思う。

 

栗沢山登山

夜叉神峠-広河原-北沢峠のバス移動

夜叉神峠からバスで広河原に向かいます。毎年6月の下旬から11月の頭連休終わりまでマイカー規制があるためです。

 

f:id:shirokuma0130:20180611204724j:image

広河原では多くの人が雨宿りをしていました。広河原でバスを乗り換えて北沢峠に向かいます。

 

f:id:shirokuma0130:20180611204719j:image

着いた頃には大雨だった北沢峠。ここで既に2032mです。バスにしか乗っていないのに、スーパー林道すごい!

いよいよ、歩き始めます。

 

長衛小屋を過ぎると本格登山に

長衛小屋までは比較的道幅が広く、横の木の大きさに圧倒されながら歩いたように思います。人気のない長衛小屋を過ぎるといよいよ本格登山の開始です。

 

f:id:shirokuma0130:20180611205613j:image

お分かりいただけるだろうか。この雨。

 

すれ違う人がいなかったため、写真を撮るため傘を差しての山行。(横の木に引っかかる可能性を危惧してこの後畳みました)

きっとこの道はこんな川じゃないと思うのですよね。

 

f:id:shirokuma0130:20180611205901j:image

ただ、水の山と言われるだけあって緑がとても綺麗でした。たくさん水を吸ってるのか瑞々しい。マイナスイオンを感じるってきっとこのことを言うのではないでしょうか。

 

仙水小屋でお水を飲んで仙水峠へ

仙水小屋はやっていませんでしたが、お水が飲めたので少し頂きました。冷たい水がとっても美味しい!

 

f:id:shirokuma0130:20180611210951j:image

ここに宇多田ヒカルが佇んでいるのではないでしょうか。CMのかすかな記憶を頼りに推測しながら登ります。(こんな中に佇んだら流されちゃう、)

 

f:id:shirokuma0130:20180611211127j:image

時には宇多田ヒカルのように木の橋を頼りに、川を渡ります。CMより濁流でした。

 

f:id:shirokuma0130:20180611211430j:image

基本的にずっと登山道に水が流れています。それだけ水が豊富な山なんですね。


f:id:shirokuma0130:20180611211540j:image

この写真を最後にカメラの安全を危惧してミラーレスをしまいました。スマホで撮る勇気もなく写真はこの先撮ってないです。

 

この先にCMに出てくる岩の壁みたいなところがあります。#うわまじかと宇多田ヒカルがつぶやくところです。てっきり登るものだと思ってましたが、そこは登らずに横にスルーして、ひたすら岩の上を歩いて行くと仙水峠に辿り着きます。

 

仙水峠から栗沢山山頂へ

写真がないので、文字で語ります。

稜線に出るので一気に風が強くなります。防寒着必須です。雨も風も強かったこの日は風で飛ばされてしまいそうでした。

仙水峠は甲斐駒ケ岳へも行くルートの一つであり、今日は諦めますと引き返す人とすれ違いました。

 

ここで私たちも断念すればいいのに、なぜか進みます。雨でどんどん冷えて行くので体感温度が下がり、ダウンを着ながら山行してました。

 

甲斐駒ケ岳との分岐ということは、背後に甲斐駒ケ岳が見えるのでしょう。残念ながら何も見えませんでした。

 

栗沢山山頂

山頂からは北岳甲斐駒ケ岳がくっきり!高い山に登るのも好きですが、山々を見る登山いいものです。

と言いたいところですが、何も見えなかったです。

 

…山頂の写真すらないです。寒くて死にそうでした。一緒に登ったメンバーで自撮りで写真を撮りましたが、道標の周りに避難難民ばりのびしょびしょの私たち、そしてホワイトアウトした背景。まるで合成写真です。

 

急いで下山して長衛小屋へ

本当はアサヨ峰に行く予定でしたが、そんな余裕はないので周回コースへ変更。長衛小屋へ急いで下山しました。とにかく急いだので、記憶なし。

 

長衛小屋へ着いたら何名かいらっしゃって今日は登山をやめて明日登るよ〜という方々が。それが正解だと思います。

少し休憩して暖かいコーヒーを飲みました。生き返ります。ガス缶とか持って着て大正解でした。

 

下山後は芦安温泉へ

行きと同じくバスを乗り継ぎ北沢峠から広河原、夜叉神峠へ。マイカーをピックアップして温泉に行こう!と調べましたが寒すぎて一刻も早く温泉に入りたい状態に。

 

芦安バス停の横にある白峰会館で急速に温まりました。バス停の横に温泉があるって偉大ですね。温泉タイセツ。生き返ります。

 

f:id:shirokuma0130:20180611222655j:image

温泉を出てみると、すっかり晴れてました。なんだったのだろう今回の登山…

 

栗沢山登山まとめ

写真が少なくて魅力を語りきれてないです。下山に至っては記憶がない。晴れてたらきっと木漏れ日が綺麗で、瑞々しい緑がたまらないのでしょう。

 

もう一度宇多田ヒカルのCMを見て魅力を感じてください!(笑)私はこのCM曲が好きすぎて購入しました。この年、山に行くたびに聞きながらドライブをしてました。

  

雨の中でしたが、行ったメンバーも楽しく満喫して登山ができました!ただ、危険を感じたらすぐに引き返すべきです。